生大根ダイエット 成功 コツ 効果 方法

生大根ダイエット”成功”のコツ

 

酵素と食物繊維をたっぷりと摂れる”生大根ダイエット”。しかし、ただやみくもに大根を食べても、お肌やカラダへの効果は半減してしまいます。生大根ダイエットの成功のコツをご紹介しますので、ぜひ参考にしてみてください。

 

 1回に食べる量は「1cm」

 

生大根は、他のダイエット食品と違って毎日手軽に食べるられる安心・安全な食材です。しかし、だからといって食べ過ぎてしまうと胃腸への負担が大きくなるため、便秘や下痢の原因となります。なので、まず初めは1日「1cm」程度から始めましょう。

 

ただし、体重をしっかり落としたい方もいるかと思いますが、そのような方には回数を調整していただくことをおすすめします。

 

 

マイナス 3〜4kgが目標

 

この目標がマイナス3kg以内の場合は、お腹の中をスッキリさせることが大切です。便秘や、足痩せ、お腹痩せを目指したい方も、毎日1cmを生大根を食べることで十分に効果が期待できます。

 

 

マイナス 5〜6kgが目標

 

この目標の場合、体内をスッキリさせるだけでなく皮下脂肪を落とすことが必要です。朝食、昼食、夕食のいつでも良いので食事のタイミングに合わせて、1日2回生大根を「1cm」を食べましょう。

 

 

マイナス 7kg以上が目標

 

この目標の場合、食事量と排泄量のバランスをチェックする必要があります。もし食べている量が多いなら、まずは食べる量から減らしましょう。そして、さらに1日3回の食事のさいに「1cm」の生大根を食べましょう。

 

 

火を通して食べてはいけない 

 

生大根を毎日食べ続けるのに飽きてしまい、加熱調理してしまてしまうことがあります。酵素は加熱してしまうと細胞が壊れてしまうのでせっかくの継続が台無しになってしまうことがあります。もし食べ飽きたら、切り方を変えてみたり、すりおろして他の食材とともに食べることをおすすめします。

 

生大根として食べることで、胃腸を鍛えたり、腹筋を鍛える効果が期待できますので、すぐに効果を求めず、じっくりと続けていきましょう。

 

 

大根は皮ごと、汁ごと食べよう

 

あまり知られていませんが、大根の皮には食物繊維が豊富に含まれているので、腸内環境を整え、便通改善効果が期待できるのです。なので、生大根ダイエットをするさいは「皮ごと」食べることをおすすめします。

 

また、大根おろしにして食べるさいにでる「汁」にも、消化を助ける酵素が多く含まれているので、捨ててしまわず飲みましょう。生大根ダイエットの成功の近道は「皮」と「汁」にあるといえます。

生大根はこんなときこそ食べよう!

 

生理中などでイラっ!!

 

生理前などでイライラしてしまっているときにも、生大根は効果的です。人間は、不安を感じたり、ストレスが溜まってくると、正常な排泄ができなくなります。腸内環境が整って、お腹の中がスッキリすれば、自然と気分も晴れます。

 

お酒を飲む前

 

お酒を飲むと体内にある酵素が大量に消費されてしまいます。そのため、お酒を飲みながら食べたものの消化に酵素を使えなくなってしまいます。これが、お酒を飲むと太ってしまい、二日酔いが起きる原因です。お酒を飲むさいは、忘れずに生大根で酵素を補給しましょう。

 

運動後のリカバリーに

 

激しいスポーツの後は、筋肉が疲労している状態です。なので、体を動かす前に生大根を食べて、それまでの疲労回復に努めましょう。

 

食べ過ぎたあとに

 

太ってしまうと思いながらも、ついつい食べ過ぎてしまう”甘いもの”。もし食べ過ぎてしまったら、生大根を食べるようにしましょう。消化と排泄を促進してくれます。

関連ページ

話題の生大根ダイエットとは
さまざまなダイエットを試してみたけど長続きしないかたも多いはずです。なかなか思うように痩せない方の多くは、痩せにくい体質になっている可能性があります。そこでおすすめするのが、排出力を高めて体質を改善してくれる「生大根ダイエット」。気になる方にその理由を解説します。