酵素 朝ジュース 置き換え ダイエット 効果 方法

朝ジュースダイエットの効果を上げる秘訣

気になる朝ジュース酵素ダイエットの効果とは?

 

 

朝ジュースダイエットの秘訣その1「胃を空っぽにする」 

実践のポイント

胃に消化されていない食べ物が残っていると、せっかく作って飲んだ生ジュースの効果がダウンしてしまいます。したがって朝ジュースダイエットは、晩御飯を食べる時間もポイントになります。晩御飯はできる限り20時までには食べようにしましょう。できれば発酵食品をなどの酵素がとれる食品を食べると効果はアップします。

 

 

朝ジュースダイエットの秘訣その2「作ってすぐに飲む」 

実践のポイント

朝早く起きて作った朝ジュースをすぐに飲まずに放置しておくと酸化が進んでしまい、せっかくの酵素パワーが減少してしまいます。また、ビタミンなどの美ボディ成分も失われやすくなります。新鮮な素材を使用した生ジュースは栄養素が生きているうちに飲むことが効果アップのポイントです。

 

 

朝ジュースダイエットの秘訣その3「素材は生が鉄則」

実践のポイント

野菜やフルーツに含まれている酵素は生きた成分です。そのため、48℃以上で加熱してしまうと細胞が壊れてしまい効果が失われることがあります。効果アップの秘訣は素材を「生」のまま調理しすることです。このような理由があるため、酵素ダイエットの多くは生ジュースダイエットなのです。

 

 

 

朝ジュースダイエットの秘訣その4「ストレスフリー」

実践のポイント

ダイエットは「継続」することで効果を実感できます。そのため、ストレスを感じてしまうときはムリをしないことが大切です。もし生ジュースを作ることが面倒と感じたら市販の酵素ドリンクを飲んだり、皮をむくだけでいいバナナを食べるといいでしょう。

 

市販の酵素ドリンク「おすすめランキング」


朝ジュースダイエットに効果的な「おすすめ食材」

朝ジュースダイエットに効果的な「おすすめ食材」

キウイ

たんぱく質を分解する酵素「アクチニジン」を含んでおり、脂質や糖質の吸収を遅らせる働きがあります。

 

 

パイナップル

たんぱく質を分解する酵素「ブロメライン」を含んでおり、胃腸の負担を軽くしてくれます。食物繊維も豊富です。

 

 

バナナ

でんぷんを分解する酵素「アミラーゼ」や代謝を上げるビタミンB1を含んでいます。完熟バナナが効果的。

 

 

大根

でんぷんの分解を促進する消化酵素やジアスターゼを含んでいます。胃腸の働きを高めます。

 

 

メロン

たんぱく質を分解する酵素「クミシン」を含んでいます。利尿作用もあるのでむくみ改善にも効果的です。

 

 

 

アボカド

脂肪を分解する酵素「リパーゼ」や必須脂肪酸が含まれています。ビタミンEで老化防止効果もあります。

 

 

 

 

 

りんご

ビタミンやミネラル、食物線維が豊富で腸内環境を改善してくれます。

にんじん

活性酸素を抑制する働きがあり、栄養価も高いです。

小松菜

酵素の働きを助けるビタミンやミネラル、カルシウムを豊富に含んでいます。
風邪や老化の予防に効果的なスーパー食材です。

柑橘類

抗酸化作用のあるビタミンCとビタミンEが豊富です。

ヨーグルト

整腸作用があり、フルーツと合わせると酵素力と代謝力がアップします。

豆乳

良質なたんぱく質を含んでおり栄養満点です。

 

もっと詳しく知り方はこちらもご覧ください

↓ ↓ ↓ ↓

酵素の摂取を効率良くする食べ物&NG食材はこちら

 


関連ページ

排便効果抜群!朝ジュースダイエット
便秘はカラダやお肌に悪いので多くの女性が悩んでいるものです。酵素を取り入れた排便効果抜群の朝ジュースダイエットで痩せ体質をつくる方法を解説します。