基礎代謝を上げる ウォーキング 方法 ダイエット 歩く 運動

基礎代謝量を上げる4つの方法

基礎代謝を上げるウォーキング方法

貯めこんだ脂肪をエネルギー消費

 

ダイエットの中でも一般的に有名なのが「カロリー消費ダイエット」。このダイエット方法は、基礎代謝量を増やすことで身体の中に貯めこまれている脂肪をエネルギーとして消費するというものです。

 

ただし、食事制限やカロリーオフの食品だけでカロリー調整をすることは効果が低いといえます。カロリー消費というものは”基礎代謝量を増やす”ことでその効果が期待できます。

 

基礎代謝は、血液が身体のすみずみまでいきわたり、細胞が栄養を消費することで代謝量が増えるといわれていますので、一度体重や体脂肪率が増えてしまうと代謝量も減少してしまい痩せにくい体質になってしまいます。

 

痩せる体質(基礎代謝量が高い体質)にするためには、次の4つの方法を実践し、健康的に基礎代謝量を増やすことがもっとも効果的です。

 

 

(1)運動開始前の「5分間」ストレッチ
 
(2)少し早歩きで「10分以上」ウォーキング
 
(3)簡単な筋力トレーニング
 
(4)運動後の「5分間」ストレッチ

 

 

効果的な運動をすると、基礎代謝量が「約200〜600kcal」増加します。約300kcalで「ご飯2杯分」に相当しますので、プロボクサーのような激しい運動や食事制限をすることなく、毎日それだけのカロリーを消費することができるようになり、減量効果そのものが高まります。


体重と体脂肪を減らすウォーキング方法

シュウウエムラ

ウォーキングの正しい方法

 

(1)視線はまっすぐ前を見る
(2)身体の重心を高くする
(3)腕の角度を90°にしてしっかりと振る
(4)通常よりも大股で歩く
(5)空気をしっかり吸いながら酸素を取り込む
(6)いつもより少し早く歩く

 

ダイエットは健康的に体重と体脂肪を減らすことが目的ですので、効果的に有酸素運動をおこないましょう。

 

基礎代謝量を増やすために、息が切れるほど早く歩く必要はありません。まずは自分の呼吸に合った速度やかたちで継続的に楽しくウォーキングをすることが大切です。

 

体重や体脂肪を必死に減らそうとして頑張りすぎると、継続することが難しくなります。景色を見たり、好きな音楽を聞きながら、リラックスしながら楽しくウォーキングをしてみてはいかがでしょうか。