ミネラルファンデーション 選び方 肌にやさしい ランキング 肌力 比較

潤い素肌力アップに最適。 「ミネラルファンデーション」

ナチュラルメイクに軽いつけ心地「ミネラルファンデーション」

 

Question 1

 

ミネラルファンデーションとは??

 

Answer

 

オイル不使用でお肌に負担の少ないファンデーション

 

天然鉱物生まれのミネラルファンデーションは、市販のファンデーションを作るさいに使用される界面活性剤やシリコン、油剤が含まれていません。また、オイルが使用されていないのでクレンジングが不要です。洗顔だけでファンデーションを落とすことができるのでお肌に負担が少ないのです。そのため、お肌が弱い方におすすです。

 

ただし、天然鉱物だけで作られたミネラルファンデーション以外にも”ミネラル成分”を配合したミネラルファンデーションが販売されています。この”ミネラル成分配合”のミネラルファンデーションにはシリコンやオイルが含まれているので、購入するさいは含有成分に要注意です。

 

 


ミネラルファンデーションは崩れにくい?

 

Question 2

 

ミネラルファンデーションのメリットとデメリットは??

 

Answer

 

メリット
お肌への負担が少ない
サラッと軽い付け心地
洗顔で落ちるので肌に優しい

 

デメリット
カバー力が低い
厚塗りをするとシワが目立つ
脂性肌には合わない

 

 

ミネラルファンデーションは一般的なファンデーションと違い、お肌につけても化学変化を起こさないため、お肌に優しく「素肌のような仕上がり」になるのがミネラルファンデーションの最大の特徴です。一部のミネラルファンデーションが「一日中つけたままでもOK」というキャッチコピーで販売しているのはそんな理由があるからです。

 

ただし、ミネラルファンデーションはカバー力が低く崩れやすいと言われています。そのため、カバー力を求めて余計な厚塗りをしてしまい”シワ”が目立つなどの逆効果も。また、脂性肌の人は顔の”ギラツキ”が増してしまうというデメリットがあります。

 

最終的に言えることは、現在発売されているミネラルファンデーションの中にはカバー力の高いものや崩れにくものがあり、肌質によってもミネラルファンデーションの「合う」「合わない」が分かれます。

 

ですので、メリット・デメリットを十分に把握したうえで一度ご自身のお肌で試していただくことをオススメします。

 

 

ミネラルファンデーションの成分は??

 

Question 3

 

ミネラルファンデーションの成分と
お肌にとってNG成分ってナニ??

 

Answer

 

ミネラルファンデーションの基本成分
マイカ    :ツヤを出したりキメの細さをだす
酸化チタン:日焼け止め効果と皮膚の凹凸をカバー
酸化亜鉛  :日焼け止め効果と肌のひきしめ
酸化鉄    :カラー調整

 

 

お肌にNGの成分
パラベン        :強い殺菌効果のある防腐剤
フェノキシタエタノール:強い殺菌効果のある防腐剤
油脂          :肌の新陳代謝を低下させる
合成界面活性剤      :肌のバリア機能を壊し、乾燥させる
タール系色素      :シミやくすみの原因

 

 

お肌にとって成分は重要です。上記に書かれているNG成分は一般的なファンデーションで主に使用されているので、敏感肌など、お肌が弱い方にはおすすめできません。また、ミネラルファンデーションの成分すべてがお肌にとって有害ではないという情報もウソです。

 

あくまで一般的なファンデーションと比較するとお肌にやさしく、薄付きするのでミネラルファンデーションの方がお肌にとって良いのですが、ミネラルファンデーションにもお肌に良くない成分も含まれていることを忘れてはいけないのです。

 

ですので、「1日中つけてもOK」や「つけたまま寝てもOK」という言葉に甘えずに必ず寝る前に洗顔していただくことをオススメします。お肌にやさしい毎日を過ごしましょう。

 

 

 

 

ミネラルファンデーション|安心して使うための基礎知識